学術論文

T. Sato, T. Arimura, K. Murata, M. Kawamura, W. Obama, M. Suzuki, Y.  Nakauchi, A.Tominaga, M. Morita, K. Hiraoka, E. Takayama-Watanabe, A.Watanabe 2021. Differences of extracellular cues and Ca2+ permeable channels in the signaling pathways for inducing amphibian sperm motility. Zool. Sci. in press.

 

N. Makino, N. Sato, E. Takayama-Watanabe, A. Watanabe. 2020. Localization of sperm intracellular Ca2+ keeps fertilizability in the newt vas deferens. Reproduction 159:339-349.

 

S. Kon, A. Takaku, F. Toyama, E. Takayama-Watanabe, A. Watanabe. 2019. Acrosome reaction inducing substance triggers two different pathways of sperm intracellular signaling in newt fertilization. Int. J. Dev. Biol. 63: 589-595. 


D. Endo, S. Kon, T. Sato, F. Toyama, Y. Katsura, Y. Nakauchi, E. Takayama-Watanabe, A. Watanabe.
2019. NMDA-type glutamate receptors mediate the acrosome reaction and motility initiation in newt sperm. Mol. Reprod. Dev. 86: 1106-1115. doi: 10.1002/mrd.23225.


R.M. Casco-Robles, A. Watanabe, K. Eto, K. Takeshima, S. Obata, T. Kinoshita, T. Ariizumi, K. Nakatani, T. Nakada, P.A. Tsonis, M.M. Casco-Robles, K. Sakurai, K. Yahata, F. Maruo, F. Toyama, C. Chiba. 2018. Novel erythrocyte clumps revealed by an orphan gene Newtic1 in circulating blood and regenerating limbs of the adult newt. Sci. Rep. 8: 7455. doi:10.1038/s41598-018-25867-x


S. Kon, T. Sato, D. Endo, T. Takahashi, A. Takaku, Y. Nakauchi, F. Toyama, V. B. Meyer-Rochow, E. Takayama-Watanabe, A.Watanabe. 2017. Sperm storage influences the potential for spontaneous acrosome reaction of the sperm in the newt Cynops pyrrhogaster. Mol. Reprod. Dev. 84: 1314-1322. DOI: 10.1002/mrd.22932.


T. Sato, M. Yokoe, D. Endo, M. Morita, F. Toyama, Y. Kawamura, Y. Nakauchi, E. Takayama-Watanabe, A. Watanabe. 2017. Sperm motility initiating substance may be insufficient to induce forward motility of Cynops ensicauda sperm. Mol. Reprod. Dev. 84: 686-692.


M. Yokoe, E. Takayama-Watanabe, Y. Saito, M. Kutsuzawa, K. Fujita, H. Ochi, Y. Nakauchi, A. Watanabe. 2016. A novel cysteine knot protein for enhancing sperm motility that might facilitate the evolution of internal fertilization in amphibians. PLOS ONE 11: e0160445.


E. Takayama-Watanabe,  H. Ochiai,  S. Tanino,  A. Watanabe.  2015. Contribution of different Ca2+ channels to the acrosome reaction-mediated initiation of sperm motility in the newt Cynops pyrrhogaster. Zygote 23:  342-351.


A. Watanabe,  E. Takayama-Watanabe.  2014.  In silico identification of the genes for sperm-egg interaction in the internal fertilization of the newt Cynops pyrrhogaster. Int. J. Dev. Biol.  58: 873-879.


M. Yokoe,  M.  Sano,  H.  Shibata,  D.  
Shibata,  E.  Takayama-Watanabe,  K.  Inaba,  A.  Watanabe. 2014.  Sperm proteases that may be involved in the initiation of sperm motility in the newt, Cynops pyrrhogaster.  Int.  J.  Mol.  Sci.  15: 15210-15224.


E. Takayama-Watanabe,  T. Takahashi,  M. Yokoe,  A. Watanabe.  2014.  Acrosome reaction-mediated motility initiation that is critical for the internal fertilization of urodele amphibians. In Sexual reproduction in animals and plants.  H.  Sawada, N.  Inoue, M.  Iwano (eds) Springer, Tokyo, Japan, pp. 97-103. 


T. Takahashi,  M. Kutsuzawa,  K. Shiba,  E. Takayama-Watanabe,  K. Inaba,  A. Watanabe. 2013. Distinct Ca2+ channels maintain a high motility state of the sperm that may be needed for penetration of egg jelly of the newt, Cynops pyrrhogaster. Develop. Growth Differ.  55: 657-667.


E. Takayama-Watanabe,  C. Campanella,  H. Kubo A.  Watanabe. 2012. Sperm motility initiation by egg jelly of the anuran, Discoglossus pictus may be mediated by sperm motility-initiating substance of the internally-fertilizing newt, Cynops pyrrhogaster. Zygote 20: 417-422.


早川洋一、中内祐二、小林牧人、宗原弘幸、鬼武一夫、渡辺明彦 2011. カジカ類における異型精子の分化機構と機能 In: カジカ類の多様性 ~適応と進化~ 後藤晃、宗原弘幸、矢部衛編 pp.133-143 東海大学出版会


Y. Nakauchi,  Y. Hayakawa,  M. Fujinoki,  O.Yamamura,  M. Kobayashi,  A. Watanabe. 2011. Characterization of an alternative chromatin remodeling to parasperm in a cottid fish, Hemilepidotus gilberti. Zool. Sci. 28: 438-443.


A. Watanabe,  E. Takayama-Watanabe,  C. A. Vines,  G. N. Cherr. 2011. Sperm motility-initiating substance in newt egg-jelly induces differential initiation of sperm motility based on sperm intracellular calcium levels. Develop. Growth Differ. 53: 9-17.

M. Ohta,  H. Kubo,  Y. Nakauchi  A. Watanabe. 2010. Sperm motility-initiating activity in the egg jelly of the externally-fertilizing urodele amphibian, Hynobius lichenatus. Zool. Sci. 27: 875-879.
 
T. Watanabe,  H. Kubo,  S. Takeshima,  M. Nakagawa,  M. Ohta,  S. Kamimura,  E. Takayama-Watanabe,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2010. Identification of the sperm motility-initiating substance in the newt, Cynops pyrrhogaster, and its possible relation with the acrosome reaction during internal fertilization. Int. J. Dev. Biol. 54: 591-597.

Y. Iwasaki,  K. Ohkawa,  H. Sadakata,  A. Kashiwadate,  E. Takayama-Watanabe,  K. Onitake,  A. Watanabe. 2009. Two states of active spermatogenesis switch between reproductive and non-reproductive seasons in the testes of the medaka, Oryzias latipes. Develop. Growth Differ. 51: 521-532.


A. Watanabe. 2009 Spermatogenesis, In vitro spermatogenesis from primary spermatocytes. In  Medaka
Biology, Management, and Experimental Protocols. M. Kinoshita, K. Murata, M. Tanaka (Eds.).  Blackwell publishing Ltd pp. 74-75, 350-353. 

A. Watanabe,  K. Fukutomi,  H. Kubo,  M. Ohta,  E. Takayama-Watanabe,  K. Onitake. 2009. Identification of egg-jelly substances triggering sperm acrosome reaction in the newt, Cynops pyrrhogaster. Mol. Reprod. Dev. 76: 399-406.


Y. Hayakawa,  E. Takayama-Watanabe,  A. Watanabe,  M. Kobayashi,  H. Munehara,  K. Onitake. 2007. Partial formation of sperm dimorphism from spermatocytes of the cottoid fish, Hemilepidotus gilberti in cell culture. Zygote 15: 285-293.


W. Hiyoshi,  T. Sasaki,  E. Takayama-Watanabe,  H. Takai,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2007. Egg-jelly of the newt, Cynops pyrrhogaster contains a factor essential for sperm binding to the vitelline envelope. J. Exp. Zool. 307A: 301-311.


A. Watanabe,  K. Onitake. 2007. The Regulation of Spermatogenesis in Fish: Recent Cellular and Molecular Approaches In: "Fish Spermatology. " eds. by S.M.H. Alavi, J.J. Cosson, K. Coward, & Gh. Rafiee, Oxford, Alpha Science Ltd
 Publications, pp. 141-160.


Y. Hayakawa,  M. Kobayashi,  H. Munehara,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2007. Spermatogenesis involving parasperm production in the marine cottoid fish, Hemilepidotus gilberti. The Raffles Bulletin of Zoology, Sup 14: 29-35.


S. Takahashi,  H. Nakazawa,  A. Watanabe,  K. Onitake,  2006. The outermost layer of egg-jelly is crucial to successful fertilization in the newt, Cynops pyrrhogaster. J. Exp. Zool. 305A: 1010-1017.


T. Sasaki,  A. Watanabe,  E. Takayama-Watanabe,  M. Suzuki,  H. Abe,  K. Onitake. 2005. Ordered progress of spermiogenesis to the fertilizable sperm of the medaka fish, Oryzias latipes, in cell culture. Develop. Growth Differ. 47: 87-97.


A. Watanabe,  K. Onitake. 2003. Sperm activation. In "Reproductive biology and phylogeny of urodela." ed. by David M. Sever. Science publisher, Inc. Enfield (NH). USA. pp.425-445. 


Y. Makabe-Kobayashi,  E. Kudaira,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2003. CpZPC, newt ZPC molecule, localizes in the inner surface of the egg envelope. Int. J. Dev. Biol. 47: 51-58. 


T. Watanabe,  T. Itoh,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2003. Characteristics of sperm motility induced on the egg-jelly in the internal fertilization of the newt, Cynops pyrrhogaster. Zool. Sci. 20: 345-352.


A. Watanabe,  K. Onitake. 2002. Urodela egg-coat as the apparatus for the internal fertilization. Zool. Sci. 19: 1341-1347. 


T. Sasaki,  S. Kamimura,  H. Takai,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2002. The activity for the induction of sperm acrosome reaction localises in the outer layers and exists in the high molecular weight components of egg-jelly of the newt, Cynops pyrrhogaster. Zygote 10: 1-9. 


T. Itoh,  S. Kamimura,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2002. Egg-jelly structure promotes efficiency of internal fertilization in the newt, Cynops pyrrhogaster. J. Exp. Zool. 292: 314-322. 


M. Okimura,  A. Watanabe,  K. Onitake. 2001. Organization of carbohydrate components in the egg-jelly layers of the newt, Cynops pyrrhogaster. Zool. Sci. 18: 909-918.


K. Onitake,  H. Takai,  M. Ukita,  J. Mizuno,  T. Sasaki ,  A. Watanabe. 2000. Significance of egg-jelly substances in the internal fertilization of the newt, Cynops pyrrhogaster. Comp. Biochem. Physiol. 126: 121-128. 


J. Mizuno,  A. Watanabe,  K. Onitake. 1999. Initiation of sperm motility in the newt, Cynops pyrrhogaster, is induced by a heat-stable component of egg-jelly. Zygote. 7: 329-334. 


M. Ukita,  T. Itoh,  T. Watanabe,  A. Watanabe,  K. Onitake. 1999. Substances for the initiation of sperm motility in egg-jelly of the Japanese newt, Cynops pyrrhogaster. Zool. Sci. 16: 793-802. 


S. Nakai,  A. Watanabe,  K. Onitake. 1999. Sperm surface heparin/heparan sulfate is responsible for sperm binding to the uterine envelope in the newt, Cynops pyrrhogaster. Develop. Growth Differ. 41: 101-107. 


A. Watanabe,  E. Kobayashi,  T. Ogawa,  K. Onitake. 1998. Fibroblast growth factor may regulate the initiation of oocyte growth in the developing ovary of the medaka, Oryzias latipes. Zool. Sci. 15: 531-536. 


A. Saiki,  M. Tamura,  M. Matsumoto,  J. Katowgi,  A. Watanabe,  K. Onitake. 1997. Establishment of in vitro spermatogenesis from spermatocytes in the medaka Oryzias latipes. Develop. Growth Differ. 39: 337-344. 


A. Watanabe,  N. Hatakeyama,  A. Yasuoka,  K. Onitake. 1997. Distributions of fibroblast growth factor and the mRNA for its receptor, MFR1, in the developing testis of the medaka, Oryzias latipes. J. Exp. Zool. 279: 177-184. 


A. Watanabe,  K. Onitake.1995. Changes in the distribution of fibroblast growth factor in the teleostean testis during spermatogenesis. J. Exp. Zool. 272: 475-483. 


A. Watanabe,  H. Ide. 1993. Basic FGF maintains some characteristics of the progress zone of chick limb bud in cell culture. Dev. Biol. 159: 223-231. 


A. Watanabe,  K. Ohsugi,  H. Ide. 1993. Formation of distal structures from stumps of chick wing buds at stage 24-25 following the grafting of quail tissue from X-irradiated distal limb buds. J. Exp. Zool. 267: 447-453.

 

博士論文
2003

 
渡辺 俊彦   体内受精を行うアカハライモリ精子運動開始因子の探索とその特徴の解析 

2004
 
山濱 由美   カイコ卵における卵黄タンパク質分解の調節機構に関する研究 (論文博士)

2005
 
佐々木 隆広  細胞培養系を用いたメダカ精子完成におけるカスパーゼ活性の役割の解析


修士論文
1990
年 修了
 斎木 篤史  培養下におけるメダカ精母細胞からの精子形成について
 高野 政義  メダカ卵における卵門と精子の相互作用について

1992年 修了
山濱 由美  イモリの体腔内卵輸送の研究
足立 勇博  イモリ体腔卵卵膜の子宮卵欄膜への変化機構ならびに受精に伴う卵膜変化について
高井 裕之  イモリ(Cynops pyrrhogaster)の卵ジェリー層に含まれる精子先体反応誘起物質の解析

1993年 修了
松本 真佐美 器官培養下におけるメダカ精巣断片内での精子形成

1994年 修了
鈴木 崇人  イモリ卵の卵膜形成とその完成過程についての研究
西田 幸代  イモリ卵ジェリー層中に含まれる精子先体反応誘起物質の免疫学的研究
鈴木 誠    細胞培養系におけるメダカ精子形成過程の電子顕微鏡的観察

1995年 修了
上村 さおり  アカハライモリ卵ジェリー層がもつ緩やかな多生拒否機構の解析
浮田 昌彦  アカハライモリ卵ジェリー層中に含まれる精子運動開始因子の解析
田村 勝   メダカプロタミン遺伝子のクローニングとその精子形成過程における発現

1996年 修了
斉藤 朗子   アカハライモリ卵卵膜形成過程の超微形態学的研究
中居 聡    アカハライモリ卵卵膜の受精における機能の解析
佐々木 隆行 アカハライモリの精子先体反応誘起に関わる因子の解析

1997年 修了
伊藤 徳子  アカハライモリ卵ジェリー層モデルを用いた精子の受精システムの解析 
        -精子の運動調節システムについて-
畠山 典子  メダカ精巣における繊維芽細胞増殖因子及び遺伝子の発現部域の解析

1998年 修了
池田 幸弘  メダカ精巣内における精原細胞とFGFの発現様式に関する研究
小川 拓   メダカ卵巣の発生に伴うFGFの発現の変化に関する研究
水野 純一  アカハライモリの精子運動調節に関わるタンパク質因子の解析

1999年 修了
山田 哲也  下等脊椎動物の小葉型精巣におけるFGFの発現に関する研究
遠藤 剛   メダカ精巣においてFGFを発現する精原細胞の特性に関する研究
沖村 昌彦  レクチンを用いたイモリ卵ジェリー層中の糖鎖の局在に関する研究
真壁 陽子  イモリZP3遺伝子の単離と発現の解析

2000年 修了
大川 恵子  器官培養系を用いたメダカ精子形成の進行調節に関する研究
渡辺 俊彦  アカハライモリ精子の運動調節におけるタンパク質因子とイオンの役割の解析

2001年 修了
岡村 俊也  イモリZP3遺伝子の生殖巣における発現に関する研究
工平 悦子  イモリZP3ペプチド抗体を用いた卵膜形成過程の免疫学的研究
佐々木 隆広 細胞培養下で分化したメダカの受精能の検証
加藤 好美  メダカ卵巣の発生におけるFGFの分布の変化に関する研究

2002年 修了
貞方 久人  メダカ精子形成の周年変化とその調整機構に関する研究
日吉 渉   レクチンを用いたイモリ精子の先体反応誘起と卵膜への接着機構の解析

2006年 修了
竹島 伸哉  ウエスタンブロティング法を用いたアカハライモリ精子運動開始因子の解析
福富 敬子  モノクローナル抗体を用いたイモリ精子先体反応誘起物質の同定

2009年 修了
吉岡 貴志  メダカ精子形成細胞におけるカスパーゼ活性の発現に関する研究

2010年 修了

太田 真奈美  アカハライモリ先体反応誘起物質の生理活性に関与する糖鎖の解析

2011年 修了

落合 広人  イモリ卵—精子相互作用のカルシウムイオンチャネル依存 性に関する薬理学的研究
沓沢 恵   イモリ卵ジェリー層に存在する新規精子運動開始因子の遺伝子の同定

2013年 修了

新井 文進  メダカ生殖細胞のアポトーシスによる精子形成活性の調節に関する研究

2014年 修了

高橋 智恵  イモリ精子の部域特異的な運動活性化機構におけるサイクリックヌクレオチドの役割
横江 美里  精子運動開始因子の活性ペプチドを用いた両生類精子の運動開始/活性化機構の比較解析

2015年 修了

有村 健志 アルデヒドリダクターゼKOマウス精子の大きく屈曲する鞭毛運動に関する研究

2017 年 修了

近 紳之介 オスによる貯精がアカハライモリ精子の自発的先体反応抑制機構に及ぼす影響

2018 年 修了

水戸 慎也 アカハライモリ卵ジェリー層におけるSMISの局在形成に関する研究

佐藤 多恵 両生類精子の運動調節の多様化に関わる細胞信号伝達系の変化に関する研究


卒業論文
1987
年 卒業
 森 和隆   イモリ卵膜の免疫学的解析

1988年 卒業
樋口 延男  モノクローナル抗体法を用いたメダカ胚分化マーカーの検出の試み
吉田 直史  イモリ卵膜に対するモノクローナル抗体作製の試みとポリクローナル抗体による卵膜形成過程の観察
西山 典江  イモリ卵の精子侵入部位について
斎木 篤史  メダカ生殖腺培養の試み
高野 政義  メダカ受精卵浸出物の精子運動保存能について

1989年 卒業
葛西 稔    アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)における始原生殖細胞(PGCs)の組織化学的観察
佐々木 潤子 胆管寄生条虫 Hymenolepis microstoma 虫卵のマウス腸組織内への侵入について
工藤 千恵  Jones-Mote型遅延型過敏症における好中球の役割に関する研究
         ~好中球を選択的に枯渇させるモノクローナル抗体投与ラットにおける局所への単球遊走を指標として~
丸山 浩子  アカハライモリの緩やかな多精拒否機構について
菅原 由紀  メダカの裸卵と精子の相互作用について
足立 勇博  イモリの体腔卵卵膜と子宮卵卵膜の比較検討

1990年 卒業
山濱 由美  イモリの体腔内卵輸送について
高井 裕之  イモリ精子先体反応における卵jelly層の役割
加藤木 淳  培養下におけるメダカ(Oryzias latipes)第一精母細胞の精子系精能について
照井 雅己  メダカ卵門直下部域は受精に本質的に関与しているか

1991年 卒業
後藤 功    メダカ(Oryzias latipes)精巣から解離させた精子形成細胞群に含まれる第一精母細胞純化の試み
松本 功    アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)精子先体反応誘起過程の走査型電子顕微鏡による観察
松本 真佐美 器官培養されたメダカ(Oryzias latipes)精巣断片での精子形成について

1992年 卒業
鈴木 崇人  アカハライモリ卵形成過程における卵膜形成について
西田 幸代  アカハライモリ先体反応誘起物質に対する抗体の作成とそれを用いて検定した輸卵管組織での誘起物質合成
遠藤 朋子  メダカ精子形成過程におけるプロタミンの合成について

1993年 卒業
勝又 幹夫  エストラジオール投与のメダカ(Oryzias latipes)精子形成に及ぼす影響について
田村 勝   メダカ(Oryzias latipes)精巣におけるcDNAライブラリーの作成
三木 俊彦  メダカ(Oryzias latipes)の精子細胞表面抗原の解析
浮田 昌彦  アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)精子の運動性に対する各種塩類溶液の影響
上村 さおり  卵ジェリー層通過中のアカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)精子の形態変化について
橋本 慎治  アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)精子に対する抗精子抗体の作成とそれを用いた精子表面抗原の解析

1994年 卒業
漆原 幸夫  メダカ(Oryzias latipes)精巣の長期間培養法の確立の試み
鈴木 康弘  細胞培養下におけるメダカ第一精母細胞から精子への分化過程のBrdU標識法による解析
斉藤 朗子  アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)卵巣のcDNAライブラリーの作成
中居 聡    アカハライモリでは卵膜完成過程でビトロネクチン様物質が輸卵管上部で卵膜に付加される
佐々木 隆行 吸水をさせたアカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)卵ジェリー層の受精における役割について
高橋 善彦   始原生殖細胞由来の細胞株を生殖細胞に分化させる因子

1995年 卒業
高野 正嗣  メダカ精巣断片の器官培養と培養下におけるFGFの分布について
小林 恵美子 メダカ生殖巣の発生過程におけるFGFタンパク質の分布
畠山 典子  イワナ(Salvelinus leucomaenis)精子形成細胞の初期分化段階を標識するモノクローナル抗体の作製
後藤 芳樹  アカハライモリ輸卵管直部の走査型電子顕微鏡による観察
伊藤 徳子  アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)卵ジェリー層は受精時に精子移動の足場となる
高瀬 丈晴  山形県と宮城県から採集したイモリ集団の遺伝的分化

1996年 卒業
小川 拓   メダカ(Oryzias latipes)瀘胞細胞培養系における繊維芽細胞増殖因子及び上皮成長因子の作用に関する研究
水野 純一  アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)精子運動開始因子の粗精製
池田 幸弘  メダカ(Oryzias latipes)精巣内体細胞の細胞培養
山田 哲也  メダカ(Oryzias latipes)精巣断片の長期間培養の試み

1997年 卒業
遠藤 剛   メダカ精子初期過程に特異的に発現する遺伝子の単離の試み
沖村 昌彦  アカハライモリ精子の先体反応誘起に関わる分子についての研究

1998年 卒業
大川 恵子  器官培養系を用いたメダカ精巣における繊維芽細胞増殖因子の作用の解析
小川 真吾  メダカ
ク巣におけるエストロゲンの作用の解析のための器官培養系の作成
柏舘 啓子  メダカ精巣における精原細胞からの精子形成調節
フための器官培養系の作成
藤田 大輔  アカハライモリ卵膜における精子結合領域の同定の試み
渡辺 俊彦  再構成塩類溶液を用いたアカハライモリ精子の運動調節に関する研究

2000年 卒業
加藤 好美  メダカ卵巣の発生におけるFGFの分布の変化は生殖細胞の分化と独立に起こる
佐々木 隆広 メダカ精巣に発現するFGFのゲノム遺伝子の単離の試み
高橋 重和  アカハライモリジェリー層形成過程における受精能の獲得に関する研究
工平 悦子  アカハライモリ卵膜におけるZP3タンパク質の局在とその形成過程の解析

2001年 卒業
貞方 久人  メダカ精子形成の進行の抑制における生殖細胞-体細胞間の相互作用に関する研究
日吉 渉   レクチンを用いたイモリ精子の先体反応誘起に関与する分子の探索
中沢 洋美  アカハライモリ体内受精における卵ジェリー層の層構造の役割に関する研究

2002年 卒業
浅野 梢   マイクロインジェクション法を用いたイモリ卵母細胞への遺伝子導入系の確立
岩崎 裕子  メダカ精巣器官培養系を用いた精子形成の季節変化に関する研究
服部 陽一  Estradiol17-βを経口投与したメダカが精子形成の調節に受ける影響

2003年 卒業
柏倉 史香  レクチンを用いたイモリ輸卵管分泌細胞の染色性の相違に関する研究 
縄田 暁   メダカ精巣で発現するsplicing factorの研究

2004年 卒業
今井 真理子 培養系を用いたメダカ精子形成とその調節機構 
       -過重力環境が精子形成に及ぼす影響に関する研究-
竹島 伸哉  イモリ子宮で排卵時に発現する遺伝子のサブトラクション法を用いた解析
福富 敬子  イモリ精子先体反応誘起因子に特異的に反応するモノクローナル抗体作成の試み

2005年 卒業
荒川 聡   degenerate primerを用いたメダカneuroD/neurogenin class bHLH遺伝子の探索
伊藤 甲雄  メダカ精巣器官培養系を用いた17α,20β-dihydroxy-4pregnen-3oneの精子形成に対する作用の解析
岡村 洋子  Xenopus tropicalis卵ジェリー層に含まれる糖鎖の局在
古川 園枝  ヨコスジカジカ(Hemilepidotus gilberti)第一精母細胞からの二型精子分化様式に関する研究

2006年 卒業
森 康博   17α,20β-dihydroxy-4pregnen-3oneはメダカの分化型A型精原細 胞の増殖を促進する
吉岡 貴志  メダカ(Oryzias latipes細胞培養条件下の精子と海水適応メダカの精子の運動解析
落合 広人  各種阻害剤を用いたアカハライモリ精子先体反応の細胞内信号伝達系の解析

2007年 卒業
日野 明紀菜 イモリ先体反応誘起物質のN末端アミノ酸配列の解読及び電気泳動による単離法の検討

2008年 卒業
太田 真奈美 トウホクサンショウウオ(Hynobius lichenatus)卵ジェリー層中の精子運動開始因子の免疫学的 同定
中川 真実  アカハライモリ卵ジェリー層における精子先体反応誘起因子及び運動開始因子の局在様式
堀江 可奈子 DMC1遺伝子発現を指標としたメダカ精巣における 精子形成活性評価系確立の試み

2009年 卒業
谷野 俊平  アカハライモリ輸精管内における貯蔵精子の受精能維 持機構の解析
桂 洋平   NMDA受容体を介したアカハライモリ精子の自発的運動開始の抑制
沓沢 恵   アカハライモリ精子運動開始因子遺伝子の探索
佐野 實   イモリ卵ジェリー層最外層のシート状構造の崩壊に関与するタンパク質分解酵素に関する研究 

2010年 卒業
荒木 俊幸  アカハライモリ精子のセリンプロテアーゼ活性は受精時の運動開始に必須である
小松 正尚  アカハライモリにおける精子細胞内カルシウムレベル維持機構に関する研究

2011年 卒業
柴田 帆浪   イモリ精子運動開始因子の活性化に関する電子顕微鏡学的研究
豊田 将   サザンブロッティングによるイモリ精子運動開始因子の遺伝子の解析

2012 年 卒業
佐藤 千菜美 SOD1KOマウス、及びALRKOマウスにおける精子運動の超活性化パターンの解析
高橋 智恵  イモリ精子の超活性化された運動における細胞内Ca2+とアデニル酸シクラーゼの役割
藤田 幸佑  アカハライモリ精子運動開始因子の遺伝子発現の解析
横江 美里  アカハライモリ精子プロテアーゼ活性の局在と受精における役割

2013年 卒業
有村 健志    Motility analysis of the sperm produced by aldehyde reductase-KO mice 
斎藤 瑶子  Effect of SMIS peptides on the motility of amphibian sperm under a hyposmotic condition. 
高久 彰朗  4-アミノピリジンによって引き起こされるアカハライモリ精子運動の解析

2014年 卒業
及川 慎之介     RNAseqを用いたアカハライモリ精細胞で発現するアデニル酸シクラーゼ遺伝子の同定
八木沼 慶一郎    RNAseqを用いたアカハライモリ精細胞で発現する電位依存性Ca2+チャネル遺伝子の同定

2015年 卒業

井上 弘章  アカハライモリジェリー層構成物質の存在下における精子タンパク質リン酸化パターンの解析

近 紳之介  アカハライモリ精子先体反応に対するcAMPの作用

平野 高大  ゲノム編集によるアカハライモリチロシナーゼ遺伝子ノックアウト

水戸 慎也  アカハライモリSMIS遺伝子のゲノム構造

2016年 卒業

川村 真亜子  両生類精子運動調節機構の種特異性は2種類のT型電位依存性Ca2+チャネルを介して付与される

2018 年 卒業

遠藤 大介  遺伝的に均一なアカハライモリ個体間における精子の自発的先体反応能の相違

坂西 香織  アカハライモリ貯蔵精子における細胞内Ca2+の局在維持機構に関する研究

小濵 航   ゼノパス精子に存在するCa2+透過性チャネルの探索

2019年 卒業

 鈴木 萌    低浸透圧に応答したXenopus laevis 精子の運動開始における細胞内信号伝達に関する研究

 西尾 潤    SMIS1SMIS2 cDNAの塩基配列の解読と輸卵管における発現パターンの解析

 牧野 奈々恵  イモリ輸卵管貯蔵精子の中片に局在する細胞内Ca2+は受精時の運動開始に必要である

2020年 卒業

 佐藤 のぞみ  アカハライモリ輸精管における精子細胞内Ca2+の局在維持機構に関する研究

2021年 卒業

 井上 拓   アカハライモリの精包における精子の自発的な先体反応の抑制

 兼子 悠   アカハライモリ精子を直線的に前進させる卵ジェリー層の微細構造の電子顕微鏡的解析

 後藤 小百合 卵ジェリー層の高pH環境によるアカハライモリ精子細胞内pHの上昇

 古川 春佳  アカハライモリSMIS1遺伝子とSMIS2遺伝子の特殊化に関する研究

 

 

BACK